赤ちゃんの髪はどう乾かす?ドライヤーを使っても大丈夫?

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪ってサラサラで柔らかいですよね。

そんなサラサラの赤ちゃんの髪ですが、お風呂に入ったらすぐに乾かしてあげないと風邪を引いてしまいます。

しかし、赤ちゃんの髪って乾かすのはどうやればいいのでしょうか?

大人のようにドライヤーを使うのは大丈夫なのでしょうか?

ここでは赤ちゃんの髪について解説をしていきたいと思います!

赤ちゃんの髪はどう乾かす

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪はどう乾かす?

赤ちゃんの髪ですが、まず根本的に乾かすのは良いのでしょうか?

結論から言えば、乾かすのはOKです。

ただドライヤーを使うのは避けたほうがいいでしょう。

赤ちゃんですが、生まれてからの髪の毛の量は個人差があります。

最初は髪がない子から、いきなりふさふさの子まで様々です。

ちなみに私の子供は髪が全然なく、半年以上なかなか髪が生えませんでした。

ふさふさの子の場合は、ある程度髪を乾かしてあげたほうが風邪も引きにくくなります。

ただそれでも基本的に赤ちゃんの髪を乾かす際には、生地の柔らかいベビータオルを使うのが良いです。

赤ちゃんの髪ですが、とても細いのでタオルで拭いてあげるだけでも十分に乾かすことができます。

お風呂上がりはもちろんですが、お昼寝の後も汗で髪が濡れていることがあるので、柔らかいタオルで拭くようにしましょう。

その際ですが、うまくあやしながらタオルを使うことで、赤ちゃんが嫌がらずにいてくれますよ。

注意をして欲しいのがドライヤーです。

赤ちゃんの髪を乾かした方がよいからと言ってもドライヤーを使うのは避けた方がよいです。

大人にとって髪を乾かすのにちょうどよい温度でも、赤ちゃんにとってはとても熱く感じてしまうことも。

赤ちゃんの肌はデリケートであり、強くドライヤーを当てるだけで火傷の恐れもあります。

ただもし冬場などで早く髪を乾かしてあげたいという場合は、十分に距離をとって、赤ちゃんにドライヤーが至近距離にならないようにしましょう。

また赤ちゃんはドライヤーの音が苦手という子も多く、ドライヤーが近づくだけで泣いて暴れてしまうこともあります。

逆にドライヤーの音が大好きで、ドライヤーの音を聴くと泣き止む子まで様々です。

大体1歳近くなってきて、髪の毛の量も増えてきてドライヤーにも慣れてきたら普通にドライヤーを使っても大丈夫ですよ。

赤ちゃんの髪の毛を乾かす際には基本的には柔らかいタオルを使って、ドライヤーはできるだけ使わないようにすることを覚えておきましょう。

赤ちゃんの髪の毛を結ぶコツも知りたい!

赤ちゃの髪を乾かした後であったり、お出かけをする場合には、赤ちゃんの髪を結んであげたいですよね。

特に女の子の場合は成長も早いですから、赤ちゃんの髪の毛を結ぶと喜んでくれるでしょう。

ただ中には髪の毛を結ぶのを嫌がる子もいます。

そんな時に赤ちゃんの髪の毛を結ぶにはどうすればいいのでしょうか?

続いて、赤ちゃんの髪の毛を結ぶコツについても解説していきます!

ゴムの素材に気を付ける

赤ちゃんが髪の毛を結ぶのを嫌がるのは痛いからかもしれません。

そんな時には赤ちゃんの髪の毛を結ぶゴムの素材に気をつけてあげましょう。

ヘアゴムの種類としてはシリコンゴムとパイルゴムがあります。

シリコンゴムの場合は、安価で結びやすいというメリットがあります。

ただシリコンゴムの場合は切れやすくて、外す際にも赤ちゃんの髪の毛が一緒に抜けてしまう恐れもあります。

パイルゴムの場合は、素材が柔らかいので赤ちゃんの髪の毛を傷つけないで結ぶことができます。

ですのでもし赤ちゃんが痛がって髪を結ぶのを嫌がるようでしたら、パイルゴムを使ってあげるとよいでしょう。

ただ素材が柔らかい分、取れやすくもあるので気を付けましょうね。

褒めてあげる

言葉を理解し始めたぐらいに髪の毛を結ぶ場合は、たくさん褒めてあげましょう。

「可愛い!」や「似合ってる!」などたくさん声をかけるだけで、子供も喜んでくれるでしょう。

たくさん声かけをするだけでコミュニケーションにもなりますし、子供も髪を結ぶのが大好きになります。

基本的なことですが、やはりコミュニケーションは大切なんですよね。

このように赤ちゃんや子供が髪の毛を結ぶ際にはちょっとした工夫で、嫌がるか髪の毛を結ぶのが好きになるかが変わってきます。

まとめ

赤ちゃんの髪の毛を乾かす際には基本は柔らかいタオルで拭くだけで十分です。

ドライヤーは赤ちゃんにとっては熱く感じることも多いので、髪の毛を乾かしたいからといって、無理に使う必要はありません。

冬場にどうしても髪を乾かしたい時には十分に注意して使うようにしましょう。

また髪を乾かして、髪を結ぶのも赤ちゃんは嫌がることがあります。

その時は色々と工夫をすることで、赤ちゃんも楽しんで髪の毛を結ぶようになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました